■FPリーマンのお得な最新情報をメルマガ・LINE@でお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!

友だち追加

特典付きの無料メルマガ登録はこちら

インデックス積立投資のシンプルなおすすめ厳選投信銘柄!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

インデックス積立投資におすすめな厳選投信銘柄をご紹介します。ファンドオブザイヤーの結果も踏まえて、シンプルなポートフォリオの自分年金をドルコスト平均法でコツコツ構築しましょう。

 

 

インデックス積立投資 おすすめ 投信 銘柄 

 

 

インデックスファンドの積立投資を始める上で押さえるべき重要なポイントは、毎月積み立てできる資金、自分のリスク許容度、将来欲しい自分年金(ゴール)の大きく3つとなることを前回お伝えしました。その3つのポイントを押さえた上で具体的な投資信託銘柄を選択していきましょう。

 

 

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year ランキング

 

参考にするのが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」です。ファンドオブザイヤーとは、毎年個人投資家ブロガーによる投票によってその年のベスト10の投資信託が決定されるお祭りです。

 

 

証券会社や金融機関の思惑が入らない個人投資家にとって純粋によい最新の投資商品が分かるのがファンドオブザイヤーです。まさに個人投資家と金融機関のWin-Winの投信セレクトと言えます。毎年楽しみにして参加しています。

 

 

たとえ銀行等の金融機関で人気やおすすめと紹介されても、実際は手数料収入や信託報酬が大きくてその金融機関が儲かったり、広告主のプッシュがあったりと裏事情は様々です。一方で個人のブログであれば生のリアルな声が反映されます。

 

 

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearはこちら

 

 

本ページでは毎年のファンドオブザイヤーのランキングを時系列で表でまとめていきます。Fund of the Year 2019が最新版となります。毎年常連で登場する銘柄(低コストで安定した成績)もあれば、ぽっと出てきてすぐ消えてしまう銘柄(成績が安定しない)もあります。

 

 

注意点として、ランキングはインデックスファンドが中心ですが、アクティブファンドも含まれています。また、年によって全体的に好調な相場もあれば不調な相場もありますので、実績は長い目で見ていくことが望ましいです。

 

 

インデックスファンドで言うと、インデックス(指標)にしっかり連動している(乖離していない)ことと低コスト(売買手数料がノーロードで無料で年間かかる信託報酬が安いこと)が望ましいと言えます。

 

 

投信ランキング

2019年 2018年 2017年 2016年 2015年

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 楽天・全世界株式インデックス・ファンド <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド たわらノーロード 先進国株式 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 楽天・全米株式インデックス・ファンド バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

第4位

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 楽天・全米株式インデックス・ファンド 野村つみたて外国株投信 iFree 8資産バランス セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
第5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ひふみ投信
第6位 楽天・全米株式インデックス・ファンド セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ひふみ投信 ひふみ投信 eMAXISバランス(8資産均等型)
第7位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド バンガード・トータル・ワールド・ ストック ETF(VT) eMAXIS Slim 新興国株式インデックス ひふみプラス 結い 2101
第8位 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) たわらノーロード先進国株式 世界経済インデックスファンド 世界経済インデックスファンド
第9位 バンガード・トータル・ワールド・ ストック ETF(VT) 楽天・全世界株式インデックス・ファンド バンガード・トータル・ワールド・ ストック ETF(VT) <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド ひふみプラス
第10位

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) iFree S&P500インデックス セゾン資産形成の達人ファンド iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF

※表は右にスライド可能

 

 

ファンドオブザイヤーでは、過去長年米国株ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)が上位を爆走していました(2009,2012,2013は見事1位)。現在でも1本で全世界に投資でき、低コスト(コストを下げ続けている)で非常に魅力的なオールインワンETFで、歴代で神話になりかけたレベルでした。ただし、ドル建てで配当等の税金も2重課税されるので、ちょっと中上級者向けとも言えます。確定申告すればアメリカの課税分は戻ってきたりはしますが。

 

 

その中でトップ10に躍り出てきたのが、<購入・換金手数料なし>ニッセイシリーズとデッドヒートを繰り広げている、三菱UFJ国際投信のeMAXISSlimシリーズです。何と言っても信託報酬が安いので良心的ですし、インデックスとの乖離も少なく実績も申し分ありませんし、スリムシリーズとしての商品ラインナップも豊富です。人気のVT同等の商品もあり、投資資金が集まってくるとコストも下がるという良い循環に入っています。

 

 

シンプルなおすすめ厳選投信銘柄

 

結論として、低コストで日本円で売買できて全世界株式に1本で投資できる現時点でのベストはこちらです。

 

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

 

バンガードのVT同等ポートフォリオでシンプルイズベストです。内訳としてはアメリカ株式が半分以上で日本株式も数%含まれています。現在この1本で全世界に積み立てしています。

 

 

今後もファンドオブザイヤーのランキング予想をしながら、結果をウォッチして検討していきたいと思います。もちろん投資は自己責任で。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加