■FPリーマンのお得な最新情報をLINE@でお伝えします!
 ご質問等あればお気軽にどうぞ!

友だち追加

FP協会と金財の違いと選び方(難易度・コスト・将来性)


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

FP協会と金財(きんざい)でどっちの試験を受ければよいのか戸惑う方も
多い中、その違いと選び方を各資格の難易度・コスト・将来性といった
視点から解説していきます。

 

 

FP協会 きんざい 違い 

 

 

ファイナンシャルプランナー資格を取得しようと思った人が、
ぶつかる一つの壁が、受験申込しようとしたら、なにやら
2つの申込み団体があるぞということです。どっちがいいのと?

 

 

結論から言うと、両者の資格価値は基本的には同じ国家資格なので、
難易度的に優位なFP協会を選ぶとよいです。

 

 

だったら、団体を統一してよと言いたくもなりますが、いろいろな
事情があるようですし、多少の難易度は気にしない方はどちらでも
好きな団体で申し込んで合格を目指してもよいかと思います。
本ページでもFP協会をベースに傾向と対策を紹介しています。

 

 

試験団体の比較一覧

FP協会

金財(きんざい)

資格価値

国家資格で同じ

国家資格で同じ

難易度

やや易しい(実技試験)

やや難しい(実技試験)

合格率(3級)

学科:約80%、実技:約90%

学科:約70%、実技:約60%

合格率(2級)

学科:約40%、実技:約60%

学科:約20%、実技:約30%

合格率(1級)

CFP:約10%、実技:約90%

学科:約10%、実技:約80%

学科試験(2, 3級)

同じ

同じ

実技試験(2, 3級)

資産設計提案業務のみ

個人資産相談業務

生保顧客資産相談業務など

受験費用(3級⇒1級まで)

61,700円(実務経験不要)

48,600円(実務経験マスト)

対応参考書・問題集

少なめ

多め

発展性・将来性

AFP/CFP資格有り

無し

結論

 

過去の合格率からも明らかにFP協会の方が簡単そうに見えますが、
ここに数字のトリックがあるので要注意です。

 

 

FP3級, 2級の学科試験は両団体で同じなのに、合格率が大きく違います。
これは一体何を意味するのか?
単純に受験者のレベルが異なり、FP協会受験者の方が高いと言えます。
おそらく金財の方は金融機関などの「強制的な」団体申込み者が多く、
FP協会の方は「自主的な」個人申込み者が多いのでしょう。

 

 

よって、一概にFP協会の方が簡単だとは言えないのですが、実際に
実技試験問題を確認してみると解きやすい問題が多いのも事実ですので、
早く確実に合格を目指すなら、FP協会を選ぶことをおすすめしています。

 

 

FP協会 きんざい 違い 

 

 

ただ、FP1級を取得するまでの受験料といった点からは、きんざいの方が
1万円以上安くなりますが、実務経験がある場合はFP1級の学科をきんざいで
受験して、実技をFP協会で受験するといった技を使えば最も安くなるという
方法もあることはあります。柔軟に行きましょう。

 

 

FP受験料・受験資格・必須研修・入会金・年会費を表にまとめると以下になります。

 

 

FP協会資格

 

FP協会資格

FP3級

FP2級

FP1級

AFP

CFP

受験料

6,000円

8,700円

20,000円

0円

27,000円〜

受験資格

やる気

FP3級等

CFP等

FP2級等

AFP等

必須研修費

0円

0円

0円

8,600円〜

10,800円

入会金

0円

0円

0円

10,000円

5,000円

年会費

0円

0円

0円

12,000円

20,000円

 

金財(きんざい)資格

 

金財資格

FP3級

FP2級

FP1級

 受験料

 6,000円

8,700円

 33,900円

 受験資格

情熱

FP3級等

 FP2級等

 必須研修費

0円

0円

0円

 入会金

0円

0円

0円

 年会費

0円

0円

0円

 

 

そして、FP1級の実技は、FP協会はこれまた合格率90%程度の論述問題込みの
筆記試験のみですが、きんざいは、面接試験があるという大きな違いがあります。
そういう意味では、きんざいのFP1級の方が面接を突破しなければならないと
いう点では、実力も価値もあるという考え方も一部ではあるようです。
ただ、一般的にはどっちの団体で取得しようが、FP1級は国家資格のFP1級です。

 

 

FPに相談するお客様側からすると、FP協会かきんざいのどっちの資格か、
一体誰が気にするでしょうか?
いや、誰も気にしません。普通はそもそも知りません。
大切なのはFPとしての信頼性・実績ですね。

 

 

一点、2013年にきんざいのHPから試験問題流出事件が発覚しています。
FP協会は学科試験が同じなので、当然影響があり、一時は試験無効で
やりなおしか!?というところまで騒がれました。
結局は、問題にアクセスした人間は少数で、影響は軽微ということで
試験は有効となり、納得いかない人は次回再受験が無料でできると
いった対応でした。

 

 

私も当時の受験者でしたから、気が気でない状況だったことを覚えて
いますし、このような事件が二度と起こらないよう再発防止に努めて
もらいたいものです。

 

 

また、FP協会には、AFPやCFPといった国際的なファイナンシャル
プランナー資格もあり、FPジャーナル雑誌の定期発行や、各地での
セミナー開催、単位制度といった仕組み作りが進んでおり、
認知度を上げる活動も積極的に行っています。

 

 

FP協会 きんざい 違い 

 

 

よって、中長期的にFPとしてやっていくのであれば、将来性や発展性を
鑑みると、FP協会という結論なのです。
あくまでも、一つの意見として参考にしていただければと思います。


 このエントリーをはてなブックマークに追加